Japanese Blog

【Tarpology】定番!THERMO-TARP 3×3 Aフレームフルクローズの解説です?

皆様こんにちは、BUSHMEN Travel Gearの小森です。

今回はハンモックの超定番、THERMO-TARP 3×3による【Aフレームのフルクローズ】を(お庭から)解説致します!

冬場のハンモッカーのマストターポロジーの為、巷に解説は溢れておりますが僕なりの手順を数字を交えて解説致します。

使用ギア。

・THERMO-TARP3×3

・ペグ×6

・ロープ6m以上(二本の木に巻く事を考えるとこれくらいは必要です)

・木と木にロープを結び、しっかりとテンションを掛けます。

・この時高さは165~170㎝くらいにします。

・ロープにプルージックを二つ作ります。

・サーモタープ中央の補強部分とロープが重なるようにします。二つ折りの状態になります。

・作ったプルージックと①、②のループを小枝等で固定して(ループをプルージックの輪っかに入れて通したループに小枝を差し込めば固定されます)プルージックを外側に引っ張りタープにしっかりテンションを掛けます。

・ロープに掛けて二つ折りになったタープが地面から10㎝くらいの位置に来るようにします。(タープは地面と接しておらず浮いてる状態です)
・③、④のループをロープの真下、②、⑫のループの中央あたりの位置にペグダウンします。

・反対側の⑤、⑥のループもロープの真下、①、⑪のループの中央あたりの位置にペグダウンします。

・⑨を③とのラインにテンションを掛けた状態で横から見た時に⑫のライン上にペグダウンします。

・反対側も同様に⑤と⑩のテンションを掛けた状態で横から見た時の⑪のライン上にペグダウンします(これまでのペグダウンの位置があっていれば自然と決まった位置になります)

・反対側も同様の作業を行います。

(ペグを地面いっぱいに埋め込んだ状態でループ分で2~3㎝の隙間は出来ます。)

(ほどほどにタープ全体にテンションが掛かっているのでロープがたわんできますが問題ありません。)

・これで完成です。

最初のロープ張る高さによって室内の高さ広さが変わってきます。僕個人としては165~170㎝あたりが丁度いいと思っています。あまり高いと地面との間から隙間風が吹き込んできますし、逆に低いと広さは出ますが頭上が低いので居住性が悪く、ハンモックに寝た時に天井が近くなり圧迫感があります。

只好みがありますので自分に合った位置を探してみてください!

最後まで読んでいただきありがとうございます。

BUSHMENのタープ

THERMO-TARP 3×3

THERMO-TARP 3×3 CAMO

Tarp ULTRALIGHT 3×3

 

Back to list

コメントを残す