BUSHMEN製品について, BUSHMEN製品の使い方

BUSHMENのサスペンションシステムについて?

皆様こんにちは、BUSHMEN Travel Gearの小森です。

今回のブログは、縁の下の力持ち「サスペンションシステム」をご紹介したいと思います。

決して主役になる事はなく、いつもハンモックの写真の両端にちょろっと映ってる地味な存在ですが、ハンモック泊をする上で絶対になくてはならない存在です。

 

EASY Tree huggers

言わずと知れたBUSHMENの万能スタンダードサスペンションシステムです。

木の保護と複数のループによるハンモックの調整をこなす3mのツリーハガーです。素材的にしっとりとした柔らかさがあり、丈夫で扱いやすく木に対しても極力負担を掛けないようになっています。僕はこれだけで設営する事が多いです

収納サイズ  W80D55H110㎜
重量     280g
耐荷重    200㎏
素材     nylon
付属品    ツリーハガー3m(2)、カラビナ(2)

 

ULTRALIGHT – Hammock suspension system

軽量を追求したサスペンションシステムです。ツリーハガー、ウーピースリング、カラビナ各2点全て合わせて160gという軽さを誇ります。軽量ツリーハガーはループが5つ付いてるとは言え、長さが2mなので基本的には木に巻くためのものとして考え、ウーピースリングで調整する事になります。ウーピースリングは高分子ポポリエチレン繊維という非常に覚えにくい名前の素材でできていて、耐荷重600㎏まで耐えられる強力な素材です(ツリーハガーの耐荷重は200㎏なので併用する場合は200㎏まで)。

そしてウーピースリングにはBUSHMEN創設者のピヨートルの素晴らしいアイデアでコードの端にフックが取り付けてあります。これを使う事で5㎏までの荷物を吊るしておくことが出来ます。ウーピースリングは【PRO Whoopie slings】として単体でも販売しています。

収納サイズ  W220D80H30㎜
重量     160g
耐荷重    200㎏
素材     nylon、HMWPE(⾼分⼦ポリエチレン繊維)
付属品    軽量ツリーハガー2m(2)、ウーピースリング(2)、カラビナ(2)

 

ULTRALIGHT ‒ Expandors – Tarps & Quilts / orange

エクスパンダーコードは、アンダーキルトやサーモブランケットの付属品と同じものです。伸縮性のある1100㎜のコードにフックが付いていて、片方のフックの位置を調整する事でテンションを調整する事が出来ます。使い方は皆様の自由で、タープの設営やパッキング時のギアの固定等あらゆる所で活躍します。

写真だとフックがオレンジと黒になっていますが日本ではオレンジのみ扱っています。黒は夜に落とすと最後で、見つける事が非常に困難ですし、テンションを変えたいと思った時にフックを見つけにくいという欠点があるのでオレンジのみ扱っています。

 

というわけで縁の下の力持ち、「サスペンションシステム」をご紹介させていただきました。あまり興味がわきにくいギアかもしれませんが無くてはならないギアなのでご参考になれば嬉しいです。

 

因みに、、、

ちょっと余談ですが、僕はアンダーキルトを取り付けるときにハンモックの中央に合わせるのではなく、頭がアンダーキルトからはみ出してるくらいにかなり足の方に寄せています。何故なら頭は寒くないのですが、足はアンダーキルトですっぽり覆われていないと寒くなるからです。

同時にサスペンションシステムの調整で頭側を足より少し下げるようにしています。感覚的に並行か頭側を上げたくなりますが、そうすると寝ている時に体が足側に移動してしまい足元が寒くなってしまうからです。実際に頭側を下げたとしても、ハンモックの重心点より頭は上にありますので頭に血が上る事はありません。

余談でしたが、ちょっとしたことで快適を作り出すのもアウトドアの魅力のひとつだと思います。皆様も色々試してみてください!そして僕に教えてください!

(感想とかアイデアとかいただけると小森が喜びます)

 

EASY Tree huggers

ULTRALIGHT – Hammock suspension system

PRO Whoopie slings

ULTRALIGHT ‒ Expandors – Tarps & Quilts / orange

Back to list

コメントを残す