BUSHMEN製品の使い方

【Tarpology】BUSHMEN直伝!ターポロジーを身につけよう ~Tarp Cタイプ・シェルター

こんにちは!BUSHMEN Travel Gear 日本代理店スタッフです。

さて、シリーズ【Tarpology】(ターポロジー)~実践編第3回は、「Cタイプ・シェルター」の紹介です。

Cタイプ・シェルター

「キャンプファイヤーを夜通し楽しみたい!」そんなニーズにしっかり応えてくれるのが、Cタイプ・シェルターです。

それでいながら、風や小雨から身を守る壁と屋根地面からの寒気を遮断する床を備えているのが特徴です。

Cタイプ・シェルターは、風に後ろを向けるように設置します。こうして、ユーザーと焚き火を風から守りつつ、火の粉がタープに触れるのを防ぎます。

開放部分が広いため、タープ下にいながら様々なアクティビティーを楽しむことができます。

キャンプファイヤーで体を温めることはもちろん、タープの断熱材が焚き火の熱を反射してシェルター内に熱を閉じ込めます。屋根もあるので、荷物もしっかり守ります。

設置方法

シェルターを設置する前に、まず、周辺に鋭利な木枝や小石が無いかを入念に確認しましょう。

タープの両角と、横幅1/4の位置を、それぞれ地面に固定します。(幅3mのタープの場合、75cmの床面が確保できます)

床面と地面との間に葉っぱや苔を敷けば、マットレス代わりにもなります。

木やポールなどの間に張ったロープに、タープをかぶせます。

シェルターのスロープの角度にもよりますが、一般的な高さは140cmです。

まだ固定していない端から1/4の位置が、木に張ったロープの位置にくるように調整します。

最後に、タープの両角にあるループに紐を通して、地面に固定します。短い紐を使う場合は、伸縮性のある紐で地面に繋ぐと、シェルターの張りが調整しやすくなります。

※ここでは、基本的な設置方法を紹介しています。周囲の環境や持ち物に合わせて、スロープの角度や床面の広さなど、あなた流にアレンジしてみてください!

BUSHMENのタープ

3 x 3 Thermo-Tarp
3 X 2 Thermo-Tarp
4 X 4 Thermo-Tarp
3 X 3 ULTRALIGHT Tarp

お買い求めは、こちらから。

次回は、ターポロジーの実践編第4回(BUSHCRAFT tentブッシュクラフト・テント )の紹介です。
お楽しみに!

 

???⛺️????

 

BUSHMEN代理店スタッフ 田島

Facebook、Instagramのフォローもお忘れなく!
 

Back to list

Related Posts

コメントを残す